働かないOSのブログ

金持ちになるためにPythonの勉強はじめました。

奢り屋ハルさんに注目している

f:id:ikemensato:20180521150434p:plain

 

世間の遅れた奴らが「プロ奢ラレヤーすげえ!」とか言ってる時に、もう私はとっくに彼に飽きていた。

 

いや、彼がつまんないとかって意味じゃないよ。

 

もうあいつが凄いのは分かったよと。

半年前くらいから知ってたよ!

 

これから更に飛躍して凄い事やり続けるんじゃないのかな?

 

 

私が今注目してるのは「奢り屋ハル」さんだ。

 

twitter.com

 

その理由は、2つある。

 

1.返報性の原理

行動心理学において、「返報性の原理」というものがある。

 

返報性の原理

返報性の原理(へんぽうせいのげんり)は、人間の持つ心理のひとつ。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。

返報性の原理 - Wikipedia

 

 何かをして貰ったらお返しをしなくてはいけないと人は考える。

およそ90%の人が「やってもらった事以上のお返しをしなければ」と思うらしい。

 

人間が社会性動物である事の一つの証明でもある。

 

ホームレス小谷さんなども、返報性の原理によって成功した例と言えるだろう。

50円で一日中働くことで、相手は申し訳ない気持ちになり、食事や寝る場所を提供してしまう。

 

最初に徹底したGiverになる事で、相手の信頼を勝ち取る。

 

ハルさんの奢り戦略は、実は行動心理学的にも理にかなったものである。

これが実社会で通じるものかどうか。

社会実験として非常に面白いモデルなのだ。

 

2.奢り屋ハルの破産リスク

 

奢り屋ハルさんは、別に金持ちでも何でもなく普通のサラリーマンっぽい。

聞いた話だと、彼はあまりにも人に奢り過ぎて破産しそうになっているというのだ。

何とも笑える話彼がこの危機的状況にあって、今後も奢り続けるのか。

または、今までの奢り活動のリターンが早くも得られて、救済されるのか。

そして、救済された後も奢り続けるのか。

 

実はこの奢り活動も、プロ奢ラレヤーのアドバイスによるものだという。

忠実に実行し過ぎたために、破産リスクにまで陥っているというのだから笑える

 

今後の展開が全く読めない。

 

何て面白いのだろう!!!

 

プロ奢ラレヤーの1億倍も面白い。

 

にも関わらず、今彼のツイッターアカウントのフォロワーを見ると

「フォロワー239」笑

 

私より少ないとか・・

ネット民はサトケンの10周くらい遅れている感じ。

私は普通に意識低い系だし、全然ネットの動向とか見てないんだけどねえ。

 

まあ、無職で暇だから一日中ネットをやっていて、変な情報に引っかかるんだろうね。

 

奢り屋ハルさんはどうなるのだろう・・

奢り活動を自粛していくのか。

いや、そんなのは詰まらない!

 

というわけで、俺がハルさんを救う!

 

とかやったらモテるかな?

ジロさんに聞いてみよう。

俺がクラファンとかやっても多分誰も金出さないでしょ。

イケメンの名前でやらないとね。