働かないOSのブログ

金持ちになるためにPythonの勉強はじめました。

自信がないことに自信がある

昨日はりょくじぃさんという方と一緒にツイキャスコラボをした。

 

twitcasting.tv

 

なんか画像怖いな笑

性犯罪者みたい。

 

一度しか会った事がないので何を話していいか分からないけど、まー適当に話をしていた。最近どうですかー?と。

 

りょくじぃさんは、前にリバ邸カオスというシェアハウスに住んでいたのだが、今は実家にいるのかな?最近、包茎手術を受けたらしくて包茎手術コンサルタントみたいな事をやるらしい。

 

俺も昔、小便の時に皮を剥くのがめんどくさいというだけで、包茎手術を受けたことがある。ちょっと汚い話だけど、実は包皮は少し長い方がオナニーは気持ちが良い。だから術後にちょっと後悔した部分もある。

 

何を喋るかは細かく決めてなかったが、俺たちモテないなあという話をした。

単なる馴れ合いではなく、ポジティブに今後を変えていく話をしようとは考えていた。

 

で、やっぱ働くしかないんじゃない?という話をした。

彼はコンビニで夜勤バイトをしているのだが、やはりそれじゃモテないだろう。

職場に女性もいないようだし。

 

という事でお互い派遣とかやって頑張ろうぜみたいな話をしたのだが、中々ウンとは言わない彼。りょくじぃさんは声もいいし、誠実そうな男なのでちゃんとした仕事をしていれば多分モテるのだが、自信が無さ過ぎる。結局2時間かけて、

 

「このままじゃ俺たちは一生童貞だから今すぐ行動しよう」

とけしかけた。

 

りょくじぃさんは、ハロワに相談しにいくとか言っていた。

 

これは自分に向けた言葉でもある。

このままじゃ童貞もやばいがアル中で死んでしまう。

 

 「なんでさとけんさんはそんなに自信があるんですか?」

と聞かれたので

「自信がないことに自信があるんだよ」

と答えておいた。

 

毎回女性に言って1000%引かれる口説き文句だ。

 

りょくじぃさんとのコラボはめちゃくちゃ楽しかった。

性格や非モテの境遇が似ているからだろう。

 

リスナーさんも二人くらいいたのだけど、一人は2時間近く見てくれて、ジョークを飛ばしながらも我々非モテを激励してくれた。

 

りょくじぃさんを見ていて思ったが、やはり人は痛みを知る分だけ優しくなれる。

俺たちはまだその優しが武器になる事を知らないだけだ。

 

その後、早速派遣会社の数社に登録した。

 

りょくじぃさん、頑張って仕事をして彼女を作りましょう!