健康で文化的な最低限度のブログ

生活保護のおっさん。暇だからPythonを勉強中。

全てのクソ親への手紙

お父さん、お母さん。

 

よもやまたしても、大変な事をしてしまいましたね。

生物がこの地上に発生して、有性生殖を行う度にその愚行は繰り返されました。

この苦痛と死に満ちた残酷な世界に、貴方方はまた一つ生命を誕生させてしまったのです。

ひょっとすれば、あなた方の子供も同様に子供を作り、その連鎖は半永久的に続くのかもしれませんね。

 

あなた方はさほど優秀でもなく、完全な健康というわけでもなく、容姿もさほど優れていないにも関わらず、その遺伝子を残そうとしました。

それは甚だ迷惑だし、傲慢で自己中心的と言えるでしょう。

子供は上手くいっても平均に留まるでしょうし、少しでも運が悪ければすぐさま社会の底辺まで落ちぶれ、場合によっては刑務所に入ったり自殺したりするでしょう。

 

また、あなた方の多くは田舎で子供を作りますが、これもまた現代の状況においては圧倒的に不利です。大都市のハイレベルな教育は、学問だけではなく、スポーツや芸術や音楽においても子供にとって有利でしょう。

また、良い医療は全て大都市にあるので、貴方方の子供は最悪、質の低い田舎の医療によって殺されるでしょう。

 

あなた方は、全く自己中心的な目的で子供を作りましたね?

性欲や慣習、社会的圧力や親の要望、単にペットを求めるような感覚で、自己の複製物を作ろうとしたのです。

これほど残酷な行為が、愛の営みであると美化されるのは笑えない冗談です。

 

あなた方は事あるごとにこう言いますね。

「私達がどれほど貴方を愛していると思っているの?」

「いくらお金をかけたと思っているの?」

「お腹を痛めて産んだ子」

誰に頼まれたわけでもなく、自己中心的な欲望によって子供を作ったのだから、育てるのは当然なのに、いつもあなた達は恩着せがましい事を言うのです。

 

あなた方は、若い頃はともかくとして、中年以降は苦痛がどんどんと増大していくのを感じていますね?

青春の輝きや喜びは一切翳り、絶望の割合が増していくのです。

老境に入る頃には、最早楽しみと呼べるものは何もなく、ただただ生きているばかりになりますね。

あなた方は愚かだから、その時になって悟るのでしょう。

 

「人生は無ですらない。苦しみと絶望だけだ。私達は大変なことをしてしまった。私達の子孫も、未来永劫このように苦しみ続けるのだ」